2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

カテゴリ:文芸 の記事リスト(エントリー順)

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界から猫が消えたなら 激安・最安値

kage

2013/03/18 (Mon)

■内容

僕の葬式。
僕の枕元に集まる人はどんな人たちだろうか。
かつての友達、かつての恋人、親戚、教師、同僚たち。
そのなかで僕の死を心から悲しんでくれる人は、何人いるのだろうか。

僕と猫と陽気な悪魔の7日間の物語。

僕は生きるために、
消すことを決めた。

今日もし突然、
チョコレートが消えたなら
電話が消えたなら
映画が消えたなら
時計が消えたなら
猫が消えたら
そして
僕が消えたなら

世界はどう変化し、人は何を得て、何を失うのか。

30歳郵便配達員。余命あとわずか。
陽気な悪魔が僕の周りにあるものと引き換えに1日の命を与える。

僕と猫と陽気な悪魔の摩訶不思議な7日間がはじまった―――

消してみることで、価値が生まれる。失うことで、大切さが分かる。
 
感動的、人生哲学エンタテインメント。


■著者紹介

川村元気[カワムラゲンキ]

1979年生まれ。
映画プロデューサーとして『電車男』『告白』『悪人』『モテキ』『おおかみこどもの雨と雪』などを製作。
2010年、米The Hollywood Reporter誌の
「Next Generation Asia 2010」に選出され、
2011年には優れた映画製作者に贈られる「藤本賞」を史上最年少で受賞。
『世界から猫が消えたなら』が初の著作。


ご購入はこちらから世界から猫が消えたなら

スポンサーサイト

生きる力 心でがんに克つ 激安・最安値

kage

2013/03/14 (Thu)

■内容

食道がんを、手術をせずに「陽子線治療」という最先端医療技術によって消すことができた著者の、
復帰までの書き下ろし告白エッセイ。


◆目次◆

はじめに 生きる力

第1章 変身

第2章 審判

第3章 城

第4章 生還


ステージ3の食道がんが見つかった著者。

慌てて掛かった名医たちは一様に「抗がん剤・手術・放射線」をがん治療の三種の神器と唱え、
手術による切除を強く勧める。

だが、心臓に不安を抱える著者は手術をためらい、
切らずに治す方法はないのかと疑問を抱く。

消化器外科医にはじまり、抗がん剤治療の名医、内視鏡手術のゴッドハンド医師、
緩和治療の専門医と訪ね歩き、

「理想の治療法」探しの旅はついに「陽子線治療」に辿り着いた!


■著者紹介

なかにし礼[ナカニシレイ]

1938年、中国黒龍江省(旧満洲)牡丹江市生まれ。立教大学文学部仏文科卒業。
在学中よりシャンソンの訳詩を手がけ、その後、作詩家として活躍し、
日本レコード大賞ほか多くの音楽賞を受賞する。2000年、『長崎ぶらぶら節』で直木賞を受賞。


ご購入はこちらから生きる力 心でがんに克つ

電子版の購入はこちら生きる力 心でがんに克つ [Kindle版]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。