2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

カテゴリ:文庫 の記事リスト(エントリー順)

kage

| | 古い記事一覧へ ≫

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

博士の愛した数式

kage

2013/08/04 (Sun)

【内容】

1990年の芥川賞受賞以来、
1作ごとに確実に、その独自の世界観を築き上げてきた小川洋子。

事故で記憶力を失った老数学者と、
彼の世話をすることとなった母子とのふれあいを描いた本書は、

そのひとつの到達点ともいえる作品である。

現実との接点があいまいで、
幻想的な登場人物を配す作風はそのままであるが、

これまで著者の作品に潜んでいた漠然とした恐怖や不安の影は、
本書には、いっさい見当たらない。

あるのは、ただまっすぐなまでの、人生に対する悦びである。


【著者紹介】

小川 洋子 (オガワ ヨウコ)  

1962(昭和37)年、岡山県生れ。早稲田大学第一文学部卒。

’88年「揚羽蝶が壊れる時」で海燕新人文学賞を受賞。
’91(平成3)年「妊娠カレンダー」で芥川賞受賞。
2004年「博士の愛した数式」で読売文学賞、本屋大賞を受賞。


『博士の愛した数式』の
詳細・ご購入はこちらから
  ↓ ↓ ↓ ↓
博士の愛した数式

スポンサーサイト

風の中のマリア

kage

2013/06/17 (Mon)

【内容】

命はわずか三十日。ここはオオスズメバチの帝国だ。

晩夏、隆盛を極めた帝国に生まれた戦士、マリア。
幼い妹たちと「偉大なる母」のため、恋もせず、子も産まず、命を燃やして戦い続ける。

ある日出逢ったオスバチから告げられた自らの宿命。
永遠に続くと思われた帝国に影が射し始める。

著者の新たな代表作。


【著者紹介】

百田 尚樹 (ヒャクタ ナオキ)  

1956年、大阪生まれ。同志社大学中退。
放送作家として人気番組「探偵!ナイトスクープ」など多数を構成。

2006年『永遠の0(ゼロ)』で作家デビュー。
高校ボクシングの世界を感動的に描いて’08年に発表した小説『ボックス!』で
圧倒的な支持を集め、一躍読書界注目の存在となる。


風の中のマリアの
詳細・ご購入はこちらから
  ↓ ↓ ↓ ↓
風の中のマリア


影法師

kage

2013/06/15 (Sat)

【内容】

頭脳明晰で剣の達人。
将来を嘱望された男がなぜ不遇の死を遂げたのか。

下級武士から筆頭家老にまで上り詰めた勘一は竹馬の友、
彦四郎の行方を追っていた。

二人の運命を変えた二十年前の事件。

確かな腕を持つ彼が「卑怯傷」を負った理由とは。
その真相が男の生き様を映し出す。

『永遠の0』に連なる代表作。


【著者紹介】

百田 尚樹 (ヒャクタ ナオキ)  

1956年、大阪生まれ。同志社大学中退。
放送作家として人気番組「探偵!ナイトスクープ」など多数を構成。

2006年『永遠の0(ゼロ)』で作家デビュー。
高校ボクシングの世界を感動的に描いて’08年に発表した小説『ボックス!』で
圧倒的な支持を集め、一躍読書界注目の存在となる。


『影法師』の
詳細・ご購入はこちらから
↓ ↓ ↓
影法師


永遠の0

kage

2013/06/11 (Tue)

【内容】

「娘に会うまでは死ねない、妻との約束を守るために」。

そう言い続けた男は、なぜ自ら零戦に乗り命を落としたのか。

終戦から60年目の夏、
健太郎は死んだ祖父の生涯を調べていた。

天才だが臆病者。

想像と違う人物像に戸惑いつつも、1つの謎が浮かんでくるーー。

記憶の断片が揃う時、明らかになる真実とは。


【著者紹介】

百田 尚樹 (ヒャクタ ナオキ)  

1956年、大阪生まれ。同志社大学中退。
放送作家として人気番組「探偵!ナイトスクープ」など多数を構成。

2006年『永遠の0(ゼロ)』で作家デビュー。
高校ボクシングの世界を感動的に描いて’08年に発表した小説『ボックス!』で
圧倒的な支持を集め、一躍読書界注目の存在となる。


『永遠の0』の
詳細・ご購入はこちらから
  ↓ ↓ ↓ ↓
永遠の0 (講談社文庫)


月光 誉田哲也/著

kage

2013/05/02 (Thu)

【内容】

同級生の少年が運転するバイクに轢かれ、
美しく優しかった姉が死んだ。

殺人を疑う妹の結花は、真相を探るべく同じ高校に入学する。

やがて、姉のおぞましい過去と、
残酷な真実に直面するとも知らずに…。

ピアノソナタの哀切な調べとともに始まる禁断の恋、
そして逃れられない罪と罰を描く衝撃のR18ミステリー。


【著者紹介】

誉田 哲也 (ホンダ テツヤ)  

1969年東京生まれ。
2003年「アクセス」で、第四回ホラーサスペンス大賞特別賞受賞。


詳細・価格の確認はこちらから
   ↓ ↓ ↓ ↓
月光 (中公文庫)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。